::

1999年

  • 個展「誘拐したい-abduction-」

    null

    null

    個展「誘拐したい-abduction-」
    (1999.6.3~6.26 ギンザ・グラフィック・ギャラリー、東京)
    同じ写真を元にした巨大(2400×1600mm)な自画像を13枚描き展示。それらはどれとして同じものではなかった。さらにそれらの自画像をスライドにしたものを、会場内の壁面にいくつもオーバーラップせながら次々に投影する空間を作り、来場者には耳栓を配付した。来場者は耳の聞こえない状態でその空間にいることで、まるで日比野の世界に誘拐されるような体験をした。
    「君と僕は絶対に違う。同じ所は、ひとつもない。似ていると言われる事があっても違うから、その言葉も存在する。そんな僕たちが互いを知ろうとする時、手段ひとつ、君を誘拐するしかない。」(展覧会チラシより)



  • 個展「鼻をかみたい」

    "確認できません。"

    個展「鼻をかみたい」
    (1999.9.3~10.1スカイドア・アートプレイス青山、東京)
    「会いたい」「誘拐したい」に続く「・・・たい」という展覧会タイトルの第3弾。先の2つと違い、より生理的な部分の欲求(三大欲求と言われているようなものではなく、自分自身の傷のようなものをフォローするためにする行為のようなもの)をテーマにした展覧会。



  • 超大型デジタルアートフォーラム

    null

    null

    「超大型デジタルアートフォーラム─超現実主義II」
    (1999.12.3~9 ラフォーレミュージアム原宿、東京)
    4人のクリエイターがEPSONの大型プロッターMAXARTを使って表現するという企画展。日比野はガラスのオブジェ作品を撮影した画像を構成して展示した。
    他出品者は勝井三雄、田島照久、櫃田珠実。