::

1995年

  • 第46回ヴェニス・ビエンナーレ




    第46回ヴェニス・ビエンナーレ 日本館
    (1995)
    ※コミッショナー:伊東順二/会場構成:隈研吾
      出品作家:河口洋一郎、崔在銀、千住博、日比野克彦
    ※日本館タイトル
    「数奇:複方言への試み/SUKI:the sense of multi vernacular」



  • 個展「と徒然」



    個展「と徒然」
    (1995.7.5-7.24 ランドマークホール、横浜)
    渋谷周辺のさまざな階段など、落差のある風景を切り取った35ミリフィルムの映像作品を制作(60分)し、その映像を会場内に設置した段ボールの大きなスクリーンに映写。客席には渋谷のアトリエで実際に使っているプライベートな家具を持ち込んだ。大きなスクリーンの裏側にも観客が入れるようになっており、客席からは虚像である映像が映し出される段ボールの隙間から、実像である人間がチラチラと見える。タイトルの「と徒然(とつれづれ)」は時間が次々とずれていく意をことばにしたもの。会場には、渋谷から横浜の会場へ車で移動した際に録音した車内の音が流れている。



  • 雪上ペイント




    雪上ペイント
    (1995.12.17,18 アルファリゾート・トマム、北海道)
    自動車メーカーOpelのクリスマスのイベントの一環でやったパフォーマンス。Opel社のTigraのタイヤの部分に4色の絵の具が出るようにノズルを装備し、北海道・トマムスキー場の雪上でペインティングをおこなった。ヒビノはビルの屋上からキャンバスとなる雪上全体を見ながら、ドライバーにトランシーバーを使って「右前色出して直進」などと指示を出した。
    (パフォーマンスのビデオ映像を東京・恵比寿で開催されたイベント内で上映)



  • 松風座


    松風座(日本文化デザイン会議'95群馬 敷島公園)
    前橋市の市民が古着を持ち寄り、1週間だけの仮設の劇場の外壁にそれらを飾っていった。各人の思い出の服に包まれた劇場の中で、市民劇団の公演が行なわれた。 監修:隈研吾建築都市設計事務所



  • ONMI FONT


    ONMI FONT
    タイポグラフィーのフロッピーマガジン「FUSE」の企画でフォントを制作した。各文字には迷信のような解説がついている。