» ArchiveList

2003年

  • 明後日新聞社 文化事業部

    null

    (2003.7.20-継続中 本社所在地:新潟県十日町市莇平)
    「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2003」の出品作品として新聞社を発足させた。本社は山間の廃校になった小学校。トリエンナーレ会期終了後も、さまざまに地元とかかわりながら活動は続き、2006年のトリエンナーレでも存続する。
    詳しくは「明後日新聞社公式ホームページ」を参照。



  • 個展「記して」

    null

    null

    null

    明後日新聞社文化事業部主催展覧会「記して」
    一昨日テレビPR事業部主催放送番組「記して」」
    (2003.7.14~9.13 キヤノンサロンS、東京/2003.7.14~9.13デジタルハウス ゼロワン 梅田、大阪 [同時開催])
    メキシコのウシュマル遺跡、フランスのクーニャック洞窟で日比野が「記して」きたスケッチ約50点を素材として、原画、デジタル出力による平面作品による空間構成で展示。
    同時期に新潟で開催されていた「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2003」に日比野はプロジェクト作品「明後日新聞社文化事業部」として参加していた。この展覧会はその明後日新聞社文化事業部が主催している形にしている。なお、明後日新聞社の他に「一昨日テレビ局」というプロジェクトも存在させ、そのテレビ局のPR事業部提供の放送番組として、新潟の明後日新聞社の様子をプロジェクターを用いて映像作品として随時会場に流し展示した。



  • ARTISTS BY ARTISTS

    null

    ARTISTS BY ARTISTS
    (2003.8.22~8.30 六本木ヒルズ 森アーツセンター内53階 ギャラリー1、東京)
    「第26回日本文化デザイン会議 東京・六本木ヒルズ」の議長になった日比野は、「What's"what's ART?"」をテーマにした。その中のプログラムの一つとして、「ARTISTS BY ARTISTS」という同テーマの公募展を企画。そのチェアマンとなった。アートコミッティーとして、日比野の他には宮島達男、村上隆、タナカノリユキが審査。応募総数570点の作品ファイルを全て審査した。展覧会にはその全てのファイルと、審査を通過した53名(ユニット含む)の作品が展示された。その53名の作家が作品を出品するにあたって、アートコミッティのメンバーが直接電話で話し、アドバイスしたという点は新しい形となった。)


  • 2002年

  • 「2002 FIFA WORLD CUPTM SCRAP [HIBINO COLLECTION]」

    null

    null

    null

    「2002 FIFA WAORLD CUP TM SCRAP [hibino collection]」
    (2002.7.22~8.10 ペッパーズロフトギャラリー、東京)
    ホストシティポスターの原画をはじめ、ワールドカップに関する品々をスクラップのように再構成して展示。また、ワールドカップ開催期間中に展開されていたプロジェクト「オフサイドライン線」(NHKのワールドカップ番組がサポート。インターネット上でもウェブサイトを立ち上げ、テキストと写真で展開)で芸大先端芸術表現科の日比野ゼミの学生らが全国各地で”ワールドカップのオフサイドライン”を探るべく取材してきたVTRが流された。



  • 個展「初めて橋の上で立ち止まったのは何処ですか?」

    正面の平面作品:"私が初めて立ち止まったのは萱場の橋の上でした"

    "HIBINO DATE ON THE BRIDGE"

    日比野克彦「初めて橋の上で立ち止まったのは何処ですか?」
    (2002.9.25~10.20 ヒルサイドギャラリー、東京)
    目黒での「初めて橋の上で立ち止まったのは何処ですか?」のワークショップをするにあたって、日比野は2002年7月~10月の活動は『橋』をテーマとしたものを数多く行なった。自分の生まれ育った岐阜にあり個人的なエピソードが詰まっている「萱場の橋」「忠節橋」を訪れたり、「橋」を作るワークショップを様々な場所で数回繰り返す中、この個展でのセラミック作品は熊本県の天草で天草陶石を使って制作された。他にエスキースや段ボールの平面作品が展示された。



  • 「帰る橋 -初めて橋の上で立ち止まったのは何処ですか?-」

    null

    null

    「帰る橋」-初めて橋の上で立ち止まったのは何処ですか?-
    (2002.10.18~11.7 中目黒GTプラザホール、東京)
    目黒区美術館での「HIBINO DATA ON OUR TIMES ある時代の資料としての作品たち」開催に合わせて催された展示。会場はアトリエのような状態そのままにしてあり、制作風景を映像で流した。



  • 「12人の挑戦-大観から日比野まで-」

    壁面作品:"忠節橋"

    "on the bridge"

    「12人の挑戦ー大観から日比野までー」
    (2002.10.5~12.8 水戸芸術館 現代美術ギャラリー、茨城)
    ヴェネチア・ビエンナーレに公式出品した日本人作家の中から12人をとりあげた展覧会。日比野はここでも橋をテーマに出品した。
    守谷、里美、天草での橋を作るワークショップでみんなが作った橋をインスタレーションした。他にも、「忠節橋」「萱場の橋」というタイトルの新作2点も出品した。
    ※「橋」のワークショップ
    7月27日茨城県守谷市(30名)、8月31日茨城県久慈郡里美村(50名)、9月29日熊本県本渡市で開催。
    キーワードは「橋の上で立ち止まったことはありますか。橋はあちらとこちらをつなぐもの。ここに来るまでにいくつの橋を渡ってきましたか。いつも渡っている橋は何と何をつないでいますか。橋の上はどこかへいく途中。」であった。




  • 2001年

  • 個展「HIBINO DATA ON OUR TIMES」

    会場風景(神戸ファッション美術館)

    会場風景(徳山市美術博物館)

    会場風景(目黒区美術館)

    会場風景(宮崎県立美術館)宮崎での公開制作でつくられたもの

    ライブペインティングした作品(いわき市美術館)

    「HIBINO DATA ON OUR TIMES ある時代の資料としての作品たち」
    (2001.9.15-10.28 いわき市立美術館、福島/2001.11.17-2002.2.12 神戸ファッション美術館、兵庫/2002.4.19-6.30 新津市美術館、新潟/2002.7.12-9.16 徳山市美術博物館、山口/2002.9.28-11.15 目黒区美術館、東京/2002.11.23-12.23 宮崎県立美術館、宮崎)



  • 連続ネットドラマ
    「北品川四谷線」

    null

    連続ネットドラマ「北品川四谷線」
    (2001.3.14-4.13 FUMIYART GALLERY、東京)
    日比野が脚本を書き、芸大先端芸術表現科の日比野ゼミの学生らと共同でドラマを製作。ギャラリーを展示空間兼スタジオにして、インターネット上で全30話を連続生放送した。
    (インターネット番組サイト『ラジ@』[2004.9.8終了]から配信)



  • 連続ネットカラーニュース「南青山渋谷線」

    null

    連続ネットカラーニュース「南青山渋谷線」
    (2001.7.1-7.12 BLANCO、東京)
    12日間、毎日1つの色をテーマに(赤・金・黒・桃・茶・白・黄・緑・透明・青・銀・紫)ニュース番組をウェブ上で連続生放送。オンエア中、視聴者からテーマ色に対するイメージやこだわりなどをインターネット上でライブで受け取り、それを発信していった。(インターネット番組サイト『ラジ@』[2004.9.8終了]から配信)
    また、これら12色のテーマで1面ずつ新聞紙面を構成し(ディレクション:日比野、デザイン:カクト)、最後に岐阜新聞創刊120年記念特集(7月19日付朝刊・広告特集)という形で「HIBINO EARTH PAPER 空飛ぶ新聞」を発行した。



  • オムニバス映画
    「東京☆ざんすっ」




    オムニバス映画「東京★ざんすっ」
    フジテレビで放送していた番組「つんくタウン」から生まれたつんくタウンFILMS第5弾。7人の監督が東京や日本人をテーマに描いたオムニバス映画。 日比野作品のタイトルは「~らしい姿」。新宿の雑踏の中に壁・天井のない黄色い部屋に住む男、草原の中に下駄に囲まれ住む少女、自転車で新聞配達をする少年、この3人を主人公にし、映像と言葉で表現した。
    「東京★ざんすっ ~それが日本人ってもんだろうが!~」 /カラー/ビスタサイズ/100分
    監督:松尾貴史、野沢直子、ケリー・チャン、山岸伸、日比野克彦、陣内孝則、伊藤かずな



  • ダンス「メタモルフォシス」舞台美術

    null

    null

    null

    ダンス「メタモルフォシス」舞台美術
    (2001.9.28~30 新国立劇場、東京)
    演出・振付:菊地純子、芸術監督:牧阿佐美、照明:海藤春樹、衣裳:ひびのこづえ、音楽:渋谷慶一郎




  • 2000年

  • 映画「少女」美術

    null

    null

    null

    null

    映画「少女」(監督:奥田瑛二)美術担当

  • 『コドモフクチュール』
    空間デザイン

    null

    null

    セサミ25周年記念展覧会「コドモフクチュール」空間プロデュース
    (2000.12.16~21 ラフォーレミュージアム原宿、東京)



  • 個展「ナイーブな男」

    null

    個展「ナイーブな男」
    (2000.10.14-11.26 府中市美術館、東京)
    ※写真は公開制作(10/18,10/27,11/7に公開)の時のもの




  • «Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 || Next»