March 2012 の投稿一覧です。

「つくることが生きること」東日本大震災復興支援プロジェクト展

【東北地方太平洋沖地震により被災されました皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。】


「つくることが生きること」東日本大震災復興支援プロジェクト展

2012年03月11日(日)~2012年03月25日(日) 12:00-19:00

アーツ千代田33311 F メインギャラリー

津波の爪痕がいまだ残る被災地。一方で、3.11以前と変わらない日常に戻っていく非被災地。

震災から1年となる2012年3月、「どこで•だれが•何を想い•どのような活動を行っているのか」をあらためてみつめ、

復興に向けて創造力を持って表現・活動する人たちの想いと活動内容を共有する展覧会を開催。

詳細>> http://2012.wawa.or.jp/

==========

こちらの展示に『HEART MARK VIEWING』【以下、Hm♥Vと記載】も参加しています。

福島県立博物館のHm♥Vメンバーのみなさんで制作していただいた作品や、各地から送っていただいたHm?Vが繋がって展示されてます。(展示終了後には東北へ届けられます)

また、大津波で流出した福島県相馬市、南相馬市、八沢浦干拓の総鎮守である山田神社の仮社殿の奉納幕としてHm♥Vを飾って頂きました。その写真も展示してあります。

==========

2011年3.11から一年が経ちました。被災地への復興を願い『いま、わたしたちにできる事は何か?』
「つくることが生きること」東日本大震災復興支援プロジェクト展に参加している、多くのアーティストたちのそれぞれの考え方や動きが垣間見える展示です。

とうほくこよみのよぶね出航!大槌ー六本木ー釜石

岐阜で制作した『とうほくこよみのよぶね』がいよいよ出航しました!
被災地への復興の願いを込め、大槌ー六本木ー釜石 各港を航海します。

(1)3/9ー3/11 とうほくこよみのよぶね@大槌



制作から立ち会い、今回、こよみを届けるべく大槌へ向かったスタッフの津川さんの記録です。

<時系列に記載>

10日

20120420-1331483767.jpg

17時ころから大槌町赤浜蓬莱島周辺で「慰霊船とうほくのこよみのよぶね」行います。
今日のテストは浮かべただけ。波打ち際は激しく危険でした。明日は穏やかだといいな。

20120420-1331486218.JPG


【同時間:HIBINOより リハーサル成功!と報告あり】
11日 14:00頃

20120420-1331483804.jpg


同じ場所で開催された慰霊祭に参加し、引き続き、とうほくのこよみのよぶね設営中。

11日 17:00頃

とうほくのこよみのよぶね。出航。これからひょっこりひょうたん島まで、地元漁船で曳航していただきます。

11日 17:00頃

20120420-1331483858.jpg


海ヘ出ました。311が浮かぶ景色。
photo by Yoshiko Tugawa
================

大槌に浮かんだ『とうほくこよみのよぶね』は次の港、六本木へ参ります。

================

(2)3/24ー3/25 とうほくこよみのよぶね@六本木アートナイト


24日(土)18:00~25日(日)18:00
場所:六本木ヒルズアリーナ
「こよみのよぶね」という岐阜市長良川で冬至の12月22日

に行われているイベントがあり、 これは数字の形をした行燈を船に乗せ、時の流れと川の流れを重ね合わせ、行く年来る年を想う行事です。

昨年の11月、東日本大震災後に「こよみのよぶね」を石巻市旧北上川へと運び、ワークショップを行いました。

今年はこれまでのものから、数字から船体までを木と和紙で制作し、中に明りを灯しした行燈仕様の 「とうほくのこよみのよぶね」として形を変え、震災で亡くなられた方々への慰霊の気持ちを行燈型の船に込め、これからの復興を願う気持ちを人々の想いをのあらわれになることを願うワークショップを開催します。

是非、みなさまお誘い合わせのうえお越しください。

六本木アートナイト http://www.roppongiartnight.com/

こよみのよぶね http://www.dnaand.org/yobune.html

================

(3)3/30ー4/1 とうほくこよみのよぶね@釜石



六本木アートナイトのワークショップで皆さんの復興の願いを込めたメッセージを乗せ再び次の港である釜石へと出航します。

================