July 2009 の投稿一覧です。

【池袋】[But-a-I]楽日初日・中日

東京芸術劇場(池袋駅西口)のアトリウム前に[But-a-I]というヒビノの劇場型空間作品を設置しています。9月頭まで、この空間をつかい都内の大学生たちによるパフォーマンスを中心としたプログラムを組んでいます。

今日から4日間は日比野のワークショップを行います。今回のワークショップ参加者は青山学院大学と多摩美術大学の学生さんたちですが、活動の様子を自由にご覧頂けます。

もしかしたら参加もできる、かも?お近くにお寄りの際はぜひ覗いてみて下さい。

日時:

7月30日,31日 18:40-21:40

8月1日、2日   11:00-18:00

会場:東京芸術劇場アトリウム前広場[But-a-I]

詳細はこちら


【新潟/莇平】大地の芸術祭開幕!

各地で開幕がつづきます!

7月26日から、「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」が始まりました。

20120229-1248877376.jpg

開催エリアはなんと760平方キロメートルにも渡る越後妻有地域全域。棚田のふるさとともいわれる美しい里山の景色はもちろん、濃緑の山とたなびく雲の織りなす風景に目を奪われます。

さて、松代エリアにある「明後日新聞社文化事業部」も、みどころ目白押し。

まず、朝顔の種として出航し、船の姿となって母港に入港(帰港)した「種は船・莇平丸」。4mの高さのガレージに守られて碇泊中です(ちょっと窮屈そうですね)。船内にちょっと素敵なものを載せています。莇平丸の中に入ることもできますよー。

描きおろしデザインの幕絵も必見。莇平のはじけるような風景や、どうどうと流れる水流にゆったりと身を任せ次の行き先へと航行中の「種は船」たちが見えます。

※社主は莇平丸を前に、受付の案内を書いています。

20120229-1248875216.jpg

明後日新聞社文化事業部の大切な業務である朝顔育成、今年も頑張ってます。集落の人たちに見守られて爆発的に成長しています。今年はとにかくどこまでも伸びてゆけるロープが朝顔たちを待ち受けていますが、朝顔も負けてはいません。すでにツルが巻き付いた部分のロープはまったく見えない程葉っぱで覆い尽くしてしまいました。

20120229-1248877702.jpg


【鹿児島/種子島】「時の芸術祭」開催中

時の芸術祭、開催中の種子島です。

皆既日食のその瞬間、日比野社主は20日に進水式を無事に迎えた月丸の上で

待ち受けました。

徐々に近づく濃い闇に、気持ちがざわざわと波打ちます。

詳細は↓

時の芸術祭オフィシャルサイト

明後日朝顔プロジェクトブログ

20120229-1248264337.jpg


【鹿児島/種子島】時の芸術祭 まもなく開催!

7月22日は皆既日食観が日本でも測されますが、ヒビノは皆既日食にあわせ、鹿児島市と種子島島内にて「時の芸術祭」を開催いたします。

20120229-1247582650.png

鹿児島で今年2月に完成し進水を行った「種は船・太陽丸」と、もうまもなく完成する種子島の造船所で建造中の「種は船・月丸」を重ね、「時」をイメージしたインスタレーションも行います。

詳細はこちらをご覧下さい。


【横浜】FUNEプロジェクトin ヒルサイド

【横浜】FUNEプロジェクトin ヒルサイド', '

本日、7月4日より、横浜開港150周年記念テーマイベント「開国博Y150」のヒルサイド会場がオープンします。

それに合わせてヒルサイド会場にてFUNEプロジェクトを行います。

7月5日はヒビノも会場に行きますよー。

日時:7月5日(日)10:00-17:00頃

会場:開国博Y150 ヒルサイド会場(よこはま動物園ズーラシア隣接地区)   ※有料会場になります 

ヒルサイドには「竹の海原」という竹をふんだんに使ったエリアがありますが、今回は、その「竹」を素材に、しかも海に浮かべられるFUNEを作ろう!と考えています。海のイメージの強い横浜ですが、ゆたかな丘陵地帯も残っています。

竹林を渡る風を感じながら、海のことを考える・・山も海もつながっていることを感じられる横浜へぜひお越し下さい。


夏の準備

夏の準備をすすめています。

最近、ほんとにあちこちを飛び回っていて、制作にあてる時間が朝早くと夜遅くしかない・・・

ということで、夜討ち朝駆け的に制作中のヒビノ社主。

生命力あふれる絵がつぎつぎと生まれていきます。

こちらは、夏、新潟・十日町で開催される大地の芸術祭にてみなさんをお迎えします。

20120228-1246593440.jpg